コピー機をリースするメリットとは

コピー機をリースで借りるメリットは、まず大きなお金を動かすことが無い点が挙げられます。購入する場合と異なり、リース会社に購入してもらった上で、毎月の使用料を支払うことで利用できるわけです。しかも最新の新品の中から好きな機種を選べるのもポイントとなります。さらにリースの場合はコピー機を所有するわけではないので、固定資産税も掛からず使用料は経費計上できます。

会計上もメリットを得ることができるわけです。そしてコピー機には必須とも言えるメンテナンスに関しても、カウンター料金という形で支払うことになります。これはコピーした枚数に応じて料金が加算される仕組みとなるものです。この中には用紙やトナーの代金も含まれるので、他には維持費は不要となります。

このように手軽に使用することがてきるのも、リースで使用するメリットと言えるものです。主に5~6年といった期間での契約を行うことになりますが、途中解約ができない点には注意が必要となります。あるいは残金を支払うことで契約を取り消すことはできます。もし満期まで使用したならば、その後も続けて利用するのか、それとも他の機種に替えるのかということになります。

いずれにしてもそれは自分のものにはならないのてすが、コピー機の寿命は大体5~6年とされています。つまり保有し続けていても使い続けるのは難しくなるというわけです。あまり出費をせずにコピー機を使用するにあたうては最適と言えるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です