導入するコピー機はリース契約か購入をするべきか

オフィスにコピー機の導入する場合には、購入する方法とリース契約をする方法の2択があります。では、購入する方法から説明します。まずは購入するメリットとして、好きな機種を購入者が選ぶことができます。コピー機の導入を検討しますのは事業者が多いため、コピー機そのものにもこだわりを持つ傾向にあります。

また、使用直後にコピー機が故障するといったリスクをも回避することが可能です。もちろん、初期不良などといった例外を除きますが、もし初期不良が起きた際にもメーカー側からの修理を確実に受けることができます。一方、リース契約の場合には、契約会社から指定されているコピー機から導入する機種を選ぶことになりますが、こだわり等がない方には特に問題のないことです。また、故障については契約した会社が補償はしてくれますが、修理はメーカー側ではなく契約した会社で行うケースがあります。

大抵はメーカーが修理しなくても直せますが、そのような面を気にする方には向かない方法です。次に、導入費についてです。購入する場合ですと100万円程度かかりますが、リース契約の場合にはリース料率と年数で支払い総額は計算されます。なお、リース契約の場合には毎月一定額を支払うという形式ですので、通常ですと多額の費用がかかるということはありません。

ですが、契約した会社によっては1枚印刷することに料金が加算されるカウンター料金形式をとっていることもあり、印刷数が多い場合には購入するよりも多額の費用がかかることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です