コピー機はリースなら安価に利用できる

コピー機を購入したくても、予算的に用意できないケースがあります。一括購入すると費用面ではもっともお得と言われていますが、会社によっては一括で購入できるような現金を用意することが難しくて、なかなか導入できないケースもあります。まとまった金額を用意できない時でも、リース契約で借りる方法が残されていますので諦める必要はありません。最大の魅力は月々の額がとても少額になることであり、予算の少ない会社でも現実的な選択です。

安くても新品ですから、使い勝手に問題はありません。最先端の機能を求めないのであれば、5千円以下からでも借りられるコピー機が用意されています。リース契約時には、保守契約も一緒に結べるのがもう一つのメリットです。保守に費用がかかるのなら無駄な出費なのではないかと勘違いされてしまうことがありますが、これは故障をした時に無償で修理をしてもらうために大事なポイントです。

いくつかの保守契約がありますが、スポット契約にすると故障が発生した時に費用が発生します。そうすると、いくら月々の費用を安く抑えることができてもトータル金額が高くなってしまう恐れがあるため、別の方式で契約するのがお勧めです。会社でコピー機をリース契約すると月々にかかる費用を経理で計上する必要がありますが、経費として処理ができるので難しい対処は必要ありません。もちろん資産として計上する必要もなく、税金がかからないのが大きな特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です