コピー機のリースが適しているケース

コピー機を賃貸契約で済ませたい場合には二つの選択肢があり、リースとレンタルでは取り扱いが異なります。どちらが良いかはケースバイケースですので、それぞれの状況を見ながら判断しましょう。一般的にはごく短い期間のみの利用を考えているような時にはレンタルの方が便利です。ただし、導入してみたら便利で長く利用したくなったら、レンタルでは高くつきますので注意しましょう。

少なくとも年単位での利用になりそうな場合には適さない方法です。リースのコピー機を取り入れる場合、初期費用を安く済ませられるのが大きなポイントです。初期費用を安くして経費を抑えたい時にピッタリの形式ですので、まずは費用面での心配が大きい時には検討することをお勧めします。最新機種を利用したい人にも向いており、契約期間が満了になるタイミングで次々と新たなコピー機を導入することが可能です。

購入する場合にはそのような気軽な使い方はできませんので、リース契約の見逃せないメリットとなります。設置されるのは新品のコピー機です。中古を使いたくないという人にも向いていて、数年にわたって利用したい時も良い選択となります。新品の機種でなおかつ最新のものはとても高いので手が出せないというイメージが強いのですが、リースなら導入できる可能性が高いということを覚えておくことが大切です。

故障をした時には連絡を入れればすぐに来て直してくれるのもリースの特徴の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です