コピー機のリース契約を詳しく解説

コピー機のリース契約というと、使いたい機種を手ごろな価格で借りられるという程度の認識しか持っていないことがほとんどですが、契約を結ぶことを検討している場合には詳しい仕組みを知っておくことが大事です。基本的な仕組みとしては、それぞれの企業が使いたいと考えているコピー機をリース会社が購入して、そこから企業が賃貸料金を支払って借りるような形です。その賃貸契約は長期にわたり、大体が5年以上となっています。使う人たちの代わりに購入してくれる仕組みということから利用者側の負担は小さいのですが、契約を結ぶ際には与信審査が行われ、無事に通過した場合にのみ利用することが可能です。

業者は企業に貸し出すためにコピー機を購入しているわけですから、途中で解約することはできません。どうしても解約したい時には残りの料金を一括で支払う必要があり、残りの期間が長い場合には非常に高額な違約金が発生します。普通に考えて途中で解約するのは現実的な選択ではありませんので、倒産のように使い続けることが不可能な時以外のほとんどのケースでは満了を迎えるまで利用し続けます。リースをしていたコピー機を、満了と共に買い取ることも可能です。

新品を購入するとなるとハードが高くても、リース後の機種を買い取るのなら負担を随分減らせるため、最初から買い取り目的で契約を結ぶケースもあります。短期間での利用だった場合、買い取った後も長い間使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です