コピー機のリースはカウンター料金に注目

近年ではコピー機をリースできる業者が非常にたくさんあり、その中から良心的な業者を選ぶのはとても大変です。これまでに利用したことのある業者から選ぶのなら楽ですが、そうでないのなら情報収集から始めなければなりません。何に違いが出やすいのかを確認してみると、取り扱われているコピー機に関してはそれほど差が出ないようです。新たな機種が登場したらリース業者も積極的に取り入れますので、そのあたりで差が出ることはまれです。

つまり、希望する機種の取り扱いがあるかという面から絞り込むことはできません。簡単に比較できるポイントにカウンター料金があります。カウンター料金はリースしたコピー機で印刷した枚数をカウントし、その枚数に応じて料金が加算される仕組みです。モノクロとカラーとで別々にカウントされ、それぞれの1枚あたりの料金があらかじめ設定されています。

少しでも安く済ませたいのなら、この1枚あたりの価格が安くなっていることが重要です。他社をチェックしながら価格を調整するところも多いので近い数値にはなるはずですが、少しでも安くしてくれる業者を見つけられるようにしっかりと比較しましょう。現在の動向としては、モノクロはほとんどの業者で1円になっています。1円以上なら少し高めと判断できますが、カラー印刷をすることが多い会社ではカラーの価格が安い方を選んだ方が良いので、カラーの1枚あたりの価格を重点的に比較します。

コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です