コピー機をリースするメリットとデメリット

コピー機というと家庭用のものから業務用のものまでさまざまです、家庭用は文字通り家庭で使うもので数万円で電気屋さんやネットで購入するという人も多いでしょう。業務用は、百万単位になるものも多いので、簡単に買うというわけにはいかないケースもあります。そんなときにリース契約をして使用することもあります。リースのメリットとは、高額なコピー機を初期費用がすくなくて使用することができることです。

さらに印刷の速度がとても速いということと、印刷の性能がいいということです。またコピー機といっても最近もものは、コピーだけができるというわけではありません。両面コピーや冊子用のコピーやスキャナもできます。さらにFAXが遅れます。

またパソコンと連動させることでFAXが来たことをパソコン状で確認したりスマホに送信することもできます。さらにはリース契約をすることで、機器の不具合に対応してくれます。使い方を教えてくれるだけでなくインクの管理をしてくれたり、パソコンの不具合に対応してくれるサービスもあります。コピー機だけでなくパソコンの遠隔サービスでトラブルに対処してくれるというサービスもあります。

ただデメリットとしては、リース費用をすべて払うと、自分で買うよりも割高になるということです。サービス全般をうけて業務を効率化するか、自分で初期投資で買うかはよく考えて利用していくといいでしょう。メリットとデメリットはどの商品にもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です