コピー機リースの仕組み

オフィスにおいてコピー機は必須の設備といえますが、現在では多くの会社がコピー機のリースサービスを利用しています。契約期間の目安は5年から6年程度が一般的となっていますが、会社によっては2年以下の短期契約を提供しているところもあるので、用途に合わせて最適な契約期間を選択することが可能です。また、契約期間中に契約を組み直すことが認められる場合もあるため、必ずしも同じ機器を契約満了まで使い続ける必要もなく、最新機器に乗り換えることができるケースもあります。コピー機の購入とリースではお金の流れが大きく異なっており、リースは売買契約ではないのでリース会社の所有するコピー機を契約者が月々の利用料金を支払って利用する仕組みとなっています。

通常であれば契約年数やオプション、その他の条件によって月々の利用料金が変動しますが、リースの場合は長く使えば使うほど割安になる反面、短い契約期間であれば割高になっていきます。他にも導入やセットアップに一時的なコストがかかってくる場合もあるので、検討の際はトータルコストで考えていく必要があります。また、コピー機を自社の所有物として購入した場合、全て自己責任でメンテナンスする必要がありますが、契約の中には修理や保守のサービスが盛り込まれていたり、オプションとして用意されている場合はそれを代行してもらえるので、紙詰まりやシステムエラーなどによるトラブルが起こった場合でも安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です