コピー機リースを検討する際のポイントと流れ

コピー機のリースを検討する場合は、使用予定期間・どのような機能が必要なのか・運用体制・オフィス移転予定の有無などといった検討事項を洗い出してみるのがおすすめです。リースと購入のどちらが適しているのかを比較し、何年リースするかなどをシミュレーションすることで、コスト面でどのようになるかを明確にすることができます。検討・シミュレーションをし、自社に合ったサービスを選定したら次は申し込みになりますが、申し込みの際には貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書などといった財務諸表や登記謄本などが求められる場合があるため、あらかじめ書類の準備をしておく必要があります。申し込み後は審査がありますが、なぜ審査があるのかというとコピー機のリースサービスは5年以上の長期契約になることが多く、提供するコピー機の資産価値も大きくなるからです。

審査を通過できるかどうかの基準は経営状態ですが、ある程度余裕を持って経営できていたり、一般的な事業で利益を得ている会社であれば問題なく審査を通過することができます。契約が締結すると導入段階へ進んでいきますが、新品の機種をリース会社が新たに購入する場合では、メーカーの担当者が導入のための設置を行うケースもあります。ネットワークの設定や初期のセットアップ、保守やメンテナンスの確認などといった運用の準備を進めていきます。また、契約満了後でも買取オプションが付いていればコピー機を買い取って自分の資産にすることができたり、オプションが付いていなくても引き続き同じ機種を利用したい場合は、再契約や契約の更新を申し込むこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です