コピー機のリースは何が良いのか

コピー機が必要な場合、購入することばかりを考えていませんか。購入しようとすると、その見積額の高さに二の足を踏んでしまうことも多いでしょう。短期間しか使用する予定がない場合はなおさらです。そんな時にはリースを検討してみてはいかがでしょうか。

リースには短期間使用に最適なことが満載だと言えます。まず、初期費用がかからず導入できるのは大きなメリットです。初期費用の高さがネックの場合、その問題はリースにすることで解決できます。コピー機を購入するわけではないため、所有権はなく資産になりません。

このことは原価償却や固定資産税などの経理処理を行うことがないことを意味します。ランニングコストとしてかかる月額費用を経費扱いで処理していけば良いのです。一度契約すると中途解約できないので注意が必要です。一般的には年単位での契約となりますので、使用期間はあらかじめ考慮しておく必要があります。

コピー機にはレンタルという方法もありますが、これなら中途解約ができるので、使用期間が決まっていない場合は便利です。リース契約には審査が必要であることを忘れてはいけません。審査には時間を要するため、すぐに使用したい場合はネックになることがあります。早めの手続きが重要となるのです。

コピー機のリース会社は数多くあります。それぞれが特徴あるプラン展開をしているため、何社かに見積りを依頼して最善のところを選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です