減価償却の管理も不要なリース契約のコピー機

現金で購入をするコピー機は自己所有物となる良い点がありますが、リース契約をする事にも利点は多くあります。はじめから買うという選択で導入をすると、金額が10万円以上であれば資産扱いです。個人で使うものではなく会社で使用をするなら、10万円以上ということがほとんどですからこの点は条件をパスします。借りて使うという選択よりも、総合的な支払い金額を安く抑えることができるのも購入です。

半面で買うことにより金額が10万円オーバーの時には、少々厄介な事務処理が発生をする事になります。自分たちのものにはなりますが、固定資産税がかかりますので減価償却の管理をしなければなりません。事務的な処理としては、面倒に感じる部分です。所有権はほかでもない購入をした人自身ですから、買った後は全て購入者がカバーをしなければなりません。

新品の初期段階は何も問題なく稼働をしていたとしても、いずれ故障をしたり使えなくなる日がやってきます。将来的に処分をする事になったとしても、借り物ではありませんので購入者が手配も支払いもしなければなりません。一見するとすべて良さそうなコピー機購入の選択には、意外とデメリットもありますが、リースには購入のような問題はないです。コピー機をリースすることで、減価償却の管理をする事にはなりません。

いつか手放す日がやってくるとしても、それは寿命を迎えたときではなく、契約が終わり返却をするときです。手厚いサポートもあるので、大きな負担開く使うならリース契約のコピー機が適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です