コピー機リースのメリットと注意点

コピー機をリースするメリットとしては、まず「ランニングコストが把握しやすい」ということが挙げられます。費用は経費として計上することが出来ますし、毎月の費用も同じなので、ランニングコストが分かりやすいと言えます。また、コピー機の所有者はサービス業者側になるため、減価償却や固定資産税といったものも考える必要がありません。次に挙げられるメリットは、「レンタルよりも1ヶ月あたりの費用が安い」ということです。

レンタルは、短期での利用ができるという便利さがある分、費用が割高に設定されています。しかしリースの場合は、長期を前提にしていることもあって、割安の月額費用で利用することができます。さらに挙げられるメリットは、「最新の機種を導入できる」ということです。レンタルでは中古の古い機種になってしまうことが多いのですが、リースなら最新のコピー機を使うことが可能です。

一方で、注意点としては、「途中解約ができない」ということが挙げられます。契約期間は3年~6年という長期になるのが一般的で、途中解約をする場合は残債(契約期間内の残りの費用)を支払わなければなりません。ですので、契約をする際は、長期間使う見込みがあるのかを慎重に判断する必要があります。そして、「レンタルと比べて審査が厳しい」ということも注意点として挙げられます。

リースは、長期間の支払いが可能かどうかという点が重要になるので、会社の財務状況が悪いと審査をパスできない場合があるため気をつけましょう。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です