コピー機の短期利用に便利なレンタル

コピー機を導入する際はリース契約が一般的ですが、使用期間が短く一時的であればレンタル契約も便利です。リース契約では長期間の契約で中途解約ができませんが、レンタルでは短ければ数日という短期でも利用できますし、中途解約も可能です。リースよりも利用料は高額でランニングコストが高くなりますし、契約期間が短いほどより割高になりますが、必要なときだけ使えるという利便性も考えると損とは言えません。イベントやまだ事業計画が定まらない場合などには、短期利用のメリットが大きくなります。

また、リースと同じくレンタルも所有権は貸し出す側にあるため、支払いを経費で処理できて面倒な事務手続きが不要です。さらに審査も不要なのでリースでは断られたという場合でも導入しやすいですし、スピーディーに納入してくれる会社が多いので、急な故障で代用品が必要になったとか突発的なプロジェクトでコピー機が欲しいときにも対応できます。早い会社なら申し込みの翌日に納入というのも可能なので、とても便利です。ただ、コピー機レンタルのデメリットとして、利用できるコピー機が中古品でメーカーも機種も限られているため、機能などで細かい要望には対応できないという点があります。

性能が物足りないだけならまだしも、旧式すぎて使い物にならないというケースも無いとは言えないので、レンタルのコピー機を探すときは安さだけではなく質やサービスも見て選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です