コピー機のレンタルの費用相場

コピー機のレンタル費用は一般的に月に5、000円~1万5、000円が相場で、リースなら8、000円~2万円・購入すると新品は50円から150万円、中古だと20円から30万円です。機器本体は40万円~150万円でカウンター保守料金がモノクロなら1円から2円、カラーだと10円から20円程度かかります。オフィスには欠かせないコピー機ですが短期間やイベント期間だけならレンタルが最適で、ある程度一定期間使うならリース、長くずっと使いたい時には購入するという方法もあります。実際はリースで借りることが多いようです。

コピー機のレンタルを申し込む場合、重要なのが機器本体費・給紙ユニット費・設置費・パソコン設定料金・カウンター保守費です。この費用はどの方法かで契約の種別で違います。機器本体はレンタルのコピー機だと、一括ではなく月額で支払っていき中古品を手に入れることも可能で費用を抑えたいときにも向いてます。給紙ユニットは、出力用の紙を保持しておくトレイのことで、通常はメーカー側は全てパッケージで提供していて機器本体の料金に組み込まれていることが多いです。

設置費は機器本体を設置するときにかかる初期費用、パソコン設定費はパソコンとコピー機の接続やLAN環境の設定にかかる初期費用です。カウンター保守費は、新品を導入するときに結ぶ契約で1枚いくらという単価で設定をして毎月印刷した枚数分の料金を支払い、修理費やトナー代が無料となります。基本料金が定められてますがカウンター料金が上回ったときは支払う必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です