レンタルコピー機の注意点とは

今やオフィスにとって欠かせない存在となっているコピー機は、確かにかなり高機能で様々なことが行えるようにもらってきています。カラーコピーなども、かなり安いコストで行うことができるようにもなっていますし、大画面のタッチパネル操作によって、どのような従業員であっても、手軽に利用ができるようにもなっています後パソコンとつなぐことによって、文書をすぐにサッシにしたり逆に紙からそれを取り込んですぐにPDFファイルなどにすることなどもあっという間にできるのです。複写スピードなども加速しており、一枚一枚の印刷スピードは相当早いものとなっていますので、問題となるの導入の際にかかってしまう多額の費用ですが、リースコピー機サービスやレンタルサービスなどが充実してきているため、そのようなサービスをうまく活用することによって、ほとんどイニシャルコストをかけずに導入することも可能です。レンタルとリースコピー機と言うとどちらも同じことのように聞こえますが、契約の期間の長さによって、呼び分けられています。

3か月や1年といった短めのレンタルの場合はレンタル、3年5年7年などといった長期的な契約の場合は、リースと呼ぶことが多いです。契約期間を長くすれば月々の支払いなどは安くなるものの、審査などがありますのでその点についてはよく注意しておく必要がありますが、イベントなどで一時的に必要な場合はレンタルで十分と言えるでしょう。どのような目的にコピーを置きたいのかということをよく考えて、その上でどれくらいの契約期間にすべきかを考えていくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です