レンタルコピー機の際の大切なポイントとは

富士ゼロックス、キヤノン、リコーなどをはじめとして、現在では大変高性能の複合機が増えてきておりオフィスの生産性アップに欠かせないものになってきています。スキャナ、プリンターなどとしても活躍できることはもちろん一枚一枚の複写スピードが何よりも早くなってきており、リコーなどの場合では地方でも安心して利用ができるメーカーとして評判になっています。操作パネルなども大画面になってきたので、どのような人でもすぐに使えるようになるのも大きなポイント。従業員に教育をしなければいけないといった手間などもないですし、紙詰まりなどといったトラブルが生じたときも仕事を止めずにスムーズに解決することができるようになっています。

問題となるのは導入費用などが言えるでしょう。確かにそれだけ高機能のコピー機を導入するためには、30万円程度の価格が必要になってきますが、現在では理性レンタルサービスなどもあります。長期的な貸出サービスのことをリース、短期的な貸出サービスのことをレンタルと呼びます。日常的に使いたいのであれば、リース契約などといった形で、3年から5年それから7年なると言って期間で借りるのが一番最適と言えるでしょう。

それだけの期間が経つと、また最新型のコピー機などが世の中には登場していますので、そちらにまたレンタルやリースをしていくことによって、常にオフィスのコピー機を、最新型の状態に保っておくことなども可能になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です