失敗しないレンタルコピー機選びのチェックポイント

最近はオフィスに生産性を左右をするような存在といえるほどまで、コピー機は発達してきています。リコーキヤノン富士ゼロックスなどといったメーカーが開発研究を続け、FAXスキャナプリンターとしての機能も大変高くなってきているのです。一枚一枚の複写スピードなども大変早くなってきており、かなりの印刷物が必要な時でもコピー機で短時間で終わらせることができるようにもなっています。案内画面のパネルディスプレイによって、操作も簡単で機械が苦手な従業員などでもすぐに使えるようにもなりますし、紙詰まりなどといったトラブルが生じたときには水戸にもナビゲーションがしっかりしていてそれに従っていくだけで解決することができるようにはなり、仕事が止まってしまうということもありません。

一台あたりの値段がそのぶんだけ、コピー機が、高くなってきているということには注意が必要かもしれません。実際のところ30万円から40万円程度が必要になってしまいます。そのような導入費用の捻出が大変だという人にオススメしたいのが、リース・レンタルサービスの利用です。どちらも貸し出しという意味では一緒ですが、契約期間の長さが違います。

3年以上の貸し出しの場合であれば、リースそれよりも短い場合であれば、レンタルと読みます。日劇なイベントや研修会などで印刷物が必要な場合であれば、短い契約であるレンタルの方がお勧めですが、長期的に使いたいと考えているのであれば、リースの方が良いでしょう。長期的な契約であるぶん月々の支払いなども安くなる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です