関内の医療機関で巻き爪矯正

女性にとって爪のお手入れは美容ケアの一環だと考えている方は多く、普段からこまめにお手入れを行う方は多いです。

しかし間違ったケアをしていたり、生活習慣が原因で爪に負担をかけていると爪が内側に巻き込んでしまう「巻き爪」のトラブルを引き起こしてしまう危険があります。巻き爪とは足の爪の端が内側に巻き込む状態で、見た目が悪くなり爪が肉に食い込むことで歩行時に痛みを感じるといった症状が起こります。

適切なケアを行えば初期の状態で改善することも可能ですが、放置したり間違ったケアを続けてしまうと常に指に痛みを感じ、姿勢や歩き方が悪くなることで腰や膝を悪くする影響がでてきます。特に高齢者は転倒の危険が高くなるので、放置せず関内にあるフットケア外来のあるクリニックや、皮膚科などで治療を受けることをおすすめします。巻き爪は爪切りの際に深爪状態にしていたり、サイズの合わない靴の着用や外反母趾が原因だといわれています。そのため関内にある巻き爪治療を行う医療機関に相談すれば、医師が爪の状態を確認した上でワイヤー法、クリップ法と呼ばれる爪の矯正を行います。

関内の医療機関で矯正を受ければ、痛みを早く取り除き爪を正常な形に整えることが出来るので、これ以上内側に巻き込む状態を予防する効果が期待できます。ただ炎症を起こしてしまっている場合は、矯正の前にガター法と呼ばれる医療用チューブを差し込む処置を行う必要があるので、出来るだけ悪化する前に相談をするようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *