関内で出来る痛くない巻き爪ケア

巻き爪になってしまうと、歩くたびに痛みが生じたり、膿んでしまえば何もしていないのに痛みが出ることもあります。

その原因のほとんどは、爪の切り方が影響していると言われます。深く切ったり、丸く整えるような形で足の爪を切ってしまう事で、どんどん奥に入って行ってしまいます。関内エリアにお住まいの方で、もしこういった巻き爪の治療をしたいのであれば皮膚科を利用するか、フットケアサロンを利用するのがお勧めです。

自分で直そうとしても、深爪をしてしまえばまた繰り返してしまう事になるからです。炎症を起こしている状態の場合は、関内の皮膚科であれば抗炎症剤などの処方もしてもらえますが、外科的な治療になるとハサミで爪を深く切るケースも多いので、フットケアサロンの方がお勧めです。関内にあるフットケアサロンでは、リフレクソロジー的なリンパマッサージや、かかとの角質ケア、また巻き爪などにも対応しています。

目的に合ったコース選択ができますし、巻き爪に関しては矯正していく事が出来ますので再発するリスクも少ないですし、痛みもなく治していく事が出来るので好評です。巻き爪矯正ではワイヤーを使う方法と、プレートを接着剤で貼るという方法もありますし、自分のニーズに合った方を選ぶと良いでしょう。プレートを貼る方が邪魔になりませんし、貼り替えも3~4週間後でよいので快適かもしれません。口コミや体験談なども参考にして、選ぶと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *