関内にある医療機関で巻き爪治療を受ける際の注意点

爪が内側に変形してしまうことで、足の指に食い込んで痛みや炎症を起こしてしまう症状を巻き爪と呼んでいます。

この症状は初期ではそこまで気にならない程度の痛みでも、どんどん内側に食い込むように爪が伸びてしまうと歩くたびに強い痛みが起こり、痛みを逃がすように不自然に歩く方法をとりがちになるので、姿勢が悪くなったり体の歪みによって腰痛など体の不調を引き起こす可能性もあるので、セルフケアか医療機関での治療を行う必要があります。

初期の巻き爪であればセルフケアでも対処することが可能で、正しい爪切りを行い足のサイズにあった靴を履くことを心がけるだけでもだいぶ症状が改善しますし、痛みがあるなら皮膚を爪から引き離すようにテーピングを行うと、食い込みが改善して痛みを和らげる効果が期待できます。しかしセルフケアでも痛みが改善しないようなら医療機関で治療を受ける必要が出てきます。

実際に巻き爪の治療は関内にある皮膚科や形成外科、整形外科やフットケア科がある医療機関で受けることが出来ますが、巻き爪の矯正を行うという標ぼうをしている関内の医療機関を利用すると経験豊富な医師の元で治療が受けられるのでスムーズです。関内には巻き爪の治療が受けられる医療機関は複数ありますが、基本的にこの症状は症状が悪化して皮膚が炎症を起こしていない限り保険適用となりません。そのため炎症がなく、予防として治療を希望する場合は自由診療が基本となるので医療機関を利用する際には注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *