巻き爪治療ができる関内駅周辺のクリニック

巻き爪とは、足の指にある両端の先端部が内側に湾曲した状態です。

巻き爪に伴う炎症が足全体の蜂窩織炎につながり足を切断することもあり得ます。巻き爪の多くの原因は深爪、外反母趾や足に合わない靴を履いたことによる過剰な圧力、他には指に力がかからない状態が長く続くことなどがあります。放置すれば大変なことになるため、適切な治療を受けなければなりません。横浜市の関内駅周辺には、巻き爪を治療するクリニックがあります。

関内駅から近いため通院が楽でしょう。爪の形を矯正して痛みを取り除く治療法がありますが、軽症の場合はクリップ法を使います。重度の場合は爪の先端に穴をあけて金属製の細いワイヤーを通すワイヤー法があります。どちらの方法であっても、爪がのびてくるので1~2ヵ月に1回は付け替えなくてはなりません。炎症を伴う巻き爪の場合は、爪の端と皮膚の間に柔らかいチューブを差し込むガター法もあります。

セルフケア・再発予防として爪を短く切りすぎない、足に合った靴を履く、テーピングをするなどがあり、治療後も継続して行うことで正しく足のケアができます。歩き方の癖を直すことも予防につながります。足の指が地に着くことを意識して、正しい歩き方も身につけましょう。セルフケアを行っても痛みが続く、炎症があるなど症状がある場合は、フットケア外来や皮膚科を受診して速やかに専門医の治療を受けて下さい。関内駅周辺にあるフットケア外来、皮膚科で治療ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *