関内の医療機関で巻き爪治療を受けよう

歩く時に指先に痛みを感じるといった症状がある方は、巻き爪が原因の可能性が高いです。

巻き爪とは指に生えている爪の端が内側に巻いた状態になっていることで、足の指先に多く起こる傾向にあります。巻き爪は初期であればそこまで強い痛みはありませんが、症状が進行すると歩くだけで痛みを感じるだけではなく、正しい歩き方が出来なくなったり姿勢が悪くなることで、膝痛や腰痛の原因となる危険があります。歩行に影響が出ている方や、爪が食い込んで指が炎症を起こしてしまっている方などは、早めに関内にある皮膚科や整形外科、形成外科といった巻き爪の矯正や治療を行っている医療機関に相談をするようにしましょう。

関内には医療機関は複数ありますが、巻き爪の矯正を得意とする医療機関は限られてくるので、かかりつけの医療機関に相談するよりも前に、関内のどの施設にいけば適切な処置をしてもらえるのか調べておくと治療はスムーズです。実際に医療機関で行われている治療方法としては、軽症の場合は巻き込み気味の爪の形を平らに整えることを目的としたクリップ法を利用する場合と、重症の場合なら先端部分に穴を開け、金属製の細いワイヤーを通して爪を矯正していくワイヤー法を使用することになります。

もし炎症を起こしている場合なら、炎症の原因となっている爪の食い込みを防ぐためにも、爪の端と皮膚の間に医療用チューブを差し込むガター法という治療を行うことになります。チューブは炎症が治まるまで使用し、爪の形を矯正していくことになるので時間がかかる場合も少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *