関内で巻き爪ケアをしたいなら

巻き爪ケアは痛くないので、放置しないことが大切です。

関内のネイルケアサロンには、巻き爪ケアコースが豊富にあるのでおすすめです。どのようなコースがあるかというと、相談やケア、補正などです。相談のコースでは、スパンゲ補正が必要かどうか知ることができます。さらに症状が出た原因は何なのか、再発予防や改善策はどうしたらいいのかをコンサルテーションしてもらうことが可能です。ケアのコースでは、爪の痛みとなる箇所をしっかりとクリーニングケアしてもらうことができます。

フットケアスペシャリストが形状や長さを適切に整え、柔らかいドイツ式コットンシートで挟み、痛みを緩和してもらえます。補正ではドイツ式のものを使用します。クリーニングケアを行った爪に、ドイツ製の形状記憶補正プレートを接着して形状補正を行うという特徴があります。症状によって異なりますが、2~3週間に1回の取替が必要です。関内のフットケアサロンのスタッフはすべてドイツ式巻き爪補正の公認認定技術者なので、安心して利用することができます。

他にも巻きテーピングの施術を受けられます。このように関内にあるフットケアサロンは、巻き爪をケアする施術に特化していますが、爪疾患を持っている場合は施術を受けられないこともあります。どのような爪疾患が受けられないかというと、炎症がひどく化膿している方やひどく腫れている方、爪白癬の方などです。また糖尿病で投薬を受けている方も、施術を行ことができません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *