関内にあるフットケアサロンの巻き爪の施術内容とは

関内にあるフットケアサロンでは、巻き爪のケアをどのように行っているかというと、まず足の機能を重視したスクエアオフ形状で、安全で正しいケアを行います。

スクエアオフ形状とは、四角形で爪の角を落とした形で理想的な爪の形であると言われています。巻き爪の方がよく行ってしまう深爪は先端に切り残しを作ってしまうことが多いので、おすすめできません。関内のネイルサロンできちんと爪をカットしてもらうようにしましょう。ネイルケアを行ったら補正板装置を装着します。関内のフットケアサロンではドイツ製のものを使用しているので、しっかりと補正することができます。

この装置を装着した場合、もともと押すと痛みがある人は装着時に痛みが出ることがありますが、その痛みはすぐにおさまるので安心です。厚さ1ミリ程度で透明の補正板装置なので、装着していても目立つことはなく普通の生活を送ることができます。また爪の周囲の皮膚を切ったり傷つけたりすることがないので、処置中に痛みを感じることがありません。

プレートを装着している時は、爪の伸びに従ってそのまま放置することができるので、普段通りの生活を送ることができます。靴も普通に履くことができますし、スポーツや入浴、プールなども普通に行うことが可能です。短い爪でも長い爪でも、どんな形状であっても対応することができます。この補正装置を装着し、UV効果のあるトップコートでコーティングしたら、巻き爪の施術は完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *