関内のフットケアサロンで巻き爪ケア

巻き爪の症状は別名陥入爪とも呼ばれており、爪の成長と共に指の肉に食い込んでしまうことで症状が悪化する状態です。

素足になると爪が変形してしまっているので恥ずかしいと感じる方もいれば、爪が分厚くなったり変形して自分で対処することが出来なくなったり、歩くと痛みが出るなど悩みをお持ちの方は少なくありません。一般的に巻き爪の治療は医療機関によっては食い込んでいる爪を切るだけであったり、爪の幅を狭くする手術を行うだけの場所も少なくないため、根本的な対処を行ってくれる医療機関は少ないです。そこでおすすめなのが、関内にあるフットケアサロンを利用することで巻き爪の矯正治療を受けることが可能です。

外科医療では爪を切ったり、爪を剥がすといった外科治療を行う方法が多いのですが、関内のフットケアサロンであればドイツで開発された専用プレートを利用した、痛くない矯正方法で根本的な改善を行うことが可能です。矯正が行える専用プレートを利用するだけで、痛みを与えずに真っ直ぐな爪に変化させていくことが出来ます。巻き爪は進行してしまうと、爪の両端が肉に食い込みやすくなるので歩くだけでも痛みが伴うようになります。

そこで関内のフットケアサロンで使用されている矯正器具を装着することによって、プレートの張力が巻いている爪全体を引き上げる効果があります。矯正に使用してしている器具は薄いファイバー製の弾力性のあるほとんど目立たない特殊プレートを採用しているので、爪を傷つけることなく周囲の皮膚にも負担をかけない非常に安全な方法として人気が高くなっています。プレートが半透明のタイプは、装着していても目立ちにくくペディキュアを塗ることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *