自分の巻き爪の症状をチェックできる関内の病院

巻き爪はそのまま放置していると、爪の形が大きく変形してしまう病気です。

どのように爪が変形するのか、これは文字通り爪が丸まった形になるのが特徴で、皮膚に爪が食い込んで来るため激痛を伴うことも少なくありません。主に脚の親指に起こりやすいのですが、他の足の指の爪にも起きることがありますので、爪切りをするときなど今までは形が違いと感じたときには早めに病院での治療をおすすめします。

関内には巻き爪を矯正してくれるクリニックがありますが、こちらのクリニックには巻き爪の症状に応じた治療効果を写真で公開しており、現在の自分の足の爪と比較をしたり治療効果がどのくらいあるのかをわかりやすく紹介してあります。関内は横浜スタジアムなどの大きな施設、中華街も比較的近いなどの環境を持つ場所ですが、関内には企業オフィスも多く集まっているため女性を中心に巻き爪で悩む人などが訪れることが多いようです。

ただし、巻き爪は女性だけが生じるものでなく、男性でも起こる病気ですから爪切りの際に爪の形がおかしいと感じたときには関内にあるクリニックや専門病院を見つけて早めに治療を始めるようにしましょう。なお、症状が軽いときに矯正治療を行えば爪が皮膚に食い込みリスクも小さくなりますし、食い込んで来ると痛みを伴うため早めの治療への決心が大事です。ちなみに、整形外科などで治療を受けることができるのですが、病院の中には変形爪科と呼ぶ特殊な診療科を持つところもあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *