関内には巻き爪を専門的に治療する病院があります

関内に巻き爪を治療できる病院やクリニックは多くあり、中には巻き爪専門のクリニックもあります。

巻き爪は歩くことを困難にすることが考えられます。歩くことで運動不足を解消したり、生活習慣病の予防や有酸素運動にもなるのでダイエットも期待できます。運動としては強度はそれほど高くないため、高齢者や運動が苦手という人など誰でも取り組むことが可能です。爪の端が内側に巻き込んだ状態になるのが巻き爪です。足の爪に起こることが多く、痛みを感じるだけではなく、姿勢や歩き方が悪くなり、膝や腰などの痛みの原因となり、高齢者は転倒に繋がる可能性もあります。

原因は、間違った爪切りや爪に過剰な力が加わったり、指に力がかからない状態が長く続くことなどが考えられます。間違った爪切りでは深爪が多く、深爪になると足の指に力が加わった時に、爪は真っ直ぐ伸びることができないため、厚みが増したり両端が巻いてしまいます。指に力がかからない状態は、寝たきりのヒトなど親指に体重がかからない状態が長く続く状態です。爪に力が加わらない状態が長く続くことで、爪は内側に巻いていってしまいます。

セルフケアで改善する場合もありますが、セルフケアを行っても痛みが続く場合には、皮膚科やフットケアが専門のクリニックなどを受診することが大切です。関内には巻き爪を専門治療している病院やクリニックがあります。治療は痛みを感じるのではと不安に思う場合もありますが、根本的な原因を見つけて痛くないケアを提供しているクリニックは関内にもあるので、歩行困難となり腰や膝などを痛める原因ならないよう早めに治療をすることが必要なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *