関内には切らずに巻き爪を治療する病院があります

横浜の関内はみなとみらい方面や赤レンガ倉庫、横浜スタジアムに山下公園などのスポットの最寄りの地域です。

関内の中心に当たるのはJR京浜東北線や横浜ブルーラインの関内駅、ビジネス街などからも朝夕の時間帯は多くのビジネスマンが当駅を利用します。比較的路線駅が集まっているエリアなどからも、駅からの距離が短い会社に勤めている人も多いかと思われますが、足の爪が巻き爪などの場合は例え近い場所での通勤でも痛みなどの症状があると大変です。関内エリアには巻き爪の専門治療を行っている病院もあり、会社帰りに通院を行うことができる環境を持ちます。

巻き爪は、文字通り爪が巻かれたような形になる疾患、一般的には負担が多くかかるとされる親指の爪に生じやすい病気です。最近は男女に関係なくこのような症状で悩みを抱えている人が多くなっている、調査の中では10人に1人の割合で巻き爪になっている、予備軍になっている人も多いなどの結果があります。この病気が進行すると肉部分に食い込んだ爪がさらに食い込み痛みへと変えるのが特徴です。

曲がった爪に巻き込まれている皮膚は化膿して来て、重度の場合には歩くことが困難になることも少なくありません。関内にある病院の中には切らずに治療を行う専門クリニックもあるようで、実際に治療を受けた患者さんの感想などがホームページ内に掲載してある、治療を受けるべきか否か悩んでいるひとは、こうした情報をチェックされると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *