脱毛によるトラブルとは

最近では脱毛専門サロンも増えてきて、格安でお手入れを行えるようになってきました。

そのため、学生などの若い人から主婦など幅広い年齢層の人たちが、自己処理からサロン脱毛へ切り替えています。しかし、その分トラブルも増加しています。

まず、最も多いのが効果が出ないという点です。サロン脱毛で使用されているマシンは、サロンごとの研修を受ければ誰でも取り扱える光レベルのものです。そのため1回に感じられる効果は少なく、長期的にお手入れを続けていくことが必要です。また毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回お手入れにきちんと通う必要があります。

この通う期間をきちんと守らないと、毛周期が崩れてしまい、きちんとした効果が出にくくなります。次に肌トラブルです。このトラブルが起こりやすいのは、クリニックで行っている医療レーザーによるお手入れです。こちらはとても強い光を照射してお手入れを行うので、マシンの取り扱いには医師免許が必要です。肌への刺激が強いので、お手入れ後に肌に赤みが出てしまったり、毛穴にかさぶたが出来てしまうというデメリットがあります。ここからさらに悪化してしまい、皮膚に炎症が起きてしまうというトラブルもあります。まれにサロン脱毛でも起こるトラブルです。肌に違和感を感じたら、自己判断で処置はせずに、すぐに専門医に相談しましょう。放置していたり、間違えた処置を行うと跡が残ってしまったり、悪化してしまう恐れがあります。
新宿で脱毛のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です