自己処理の脱毛に潜む危険性

エステサロンや美容クリニックで脱毛した方が良いのはわかるけど、費用や時間がもったいなくてどうしても自己処理で済ませてしまうという女性は数多くいることかと思います。

もちろん、正しい方法とホームケアをきちんと行っていれば自己処理をしたからといってすぐに肌トラブルにつながるわけではありません。ただ、やはり自己処理には多くの危険性が潜んでいることを把握しておく必要があります。

自己処理で脱毛する方法にはいくつかの種類がありますが、その中でも毛抜きやカミソリによる処理は良くないとされています。毛を引っこ抜くという行為で肌が刺激を受けたと感じてメラニンを多く生成し色素沈着を起こしてしまうことと、カミソリで皮膚の表面まで削れてしまい角質層が剥がれることで肌に炎症を起こすことがあります。脱毛ワックスやテープ、自動抜毛器なども、毛の方向に逆らって抜くので痛みが非常に強いことが特徴です。

広範囲を一気に処理できるというメリットはありますが、それだけたくさんの毛を抜くということは痛みだってそれ相応のものだということでしょう。脱毛クリームやムースなどで処理する場合は、一見特に危険性があるようには思えませんが、実は毛のたんぱく質を溶かす作用のある薬液が同時に皮膚の保護膜まで溶かしてしまうことがあるため、あまり何度も使用すると皮膚を傷めてしまうことが考えられます。

敏感肌の人や、IラインやOラインなどのデリケートな部位に使用するのはどうなってしまうのか怖いこともあります。このように、自己処理は確かに手軽でいつでもできるというメリットがありますが、あくまで自己責任の範囲で行わなければならないので、何か異変を感じた時は早めに医療機関などで診てもらうのは望ましいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です