エステと医療機関の脱毛

女性はムダ毛が生えているとそれだけで見た目の印象が悪くなってしまいますから、ムダ毛の処理をしているというのが当たり前とも言えます。

しかしセルフケアで処理をしていくとカミソリまけをしてしまったり、皮膚を傷つける可能性もありますし、剃った部分の断面が目立って逆に黒ずみを与えてしまうという事もあるでしょう。

こうした悩みから生まれたのが脱毛の技術であり、現代の女性はこうした施術をサロンで受けているというのが大多数になってきています。エステで行なうというのがメジャーでしたが、医療脱毛という方法も進出してきており、新宿で脱毛の人気が徐々に高まっています。

エステと医療の違いは、脱毛を行なう際に出来る施術の範囲にあります。毛根の働きを完全に止めるという施術には医師免許が必要となります。まずエステは医療機関ではありませんから、ここまで完全に毛根の働きを止める施術が出来ません。エステでは毛根の働きを弱めるという事に留まり、もちろん施術後は数年きれいな状態が続きますが、年月を重ねるとまた毛根機能が再生する可能性があります。

それに対して医療機関で行なう医療脱毛であれば、再生する心配がありませんから永久にムダ毛が生えないという事を実現する事が可能になります。手軽さで考えればエステでも充分ですし、1本たりとも残したくないという人は医療機関で受けるのが良いでしょう。それぞれの目的や理想に応じて方法を選択するのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *