永久脱毛効果が科学的に実証されたニードル脱毛

美容や医療の世界では永久脱毛という言葉をよく見かけます。

人は誰もが目に付きやすいムダ毛をきちんと処理して常に美を心がけていたいと願うもの。そういった人にとって美容エステやクリニックにおける脱毛施術は願いを叶える上で最適の選択肢と言えるでしょう。ただし、多くの施術はその脱毛効果を限定的なものとしており、ある程度の間隔をおくといずれまた再び同じ場所からムダ毛が生えてきてしまいます。

ワックスやジェルを使った脱毛法や、エステのレーザー、さらにはクリニックにおける医療レーザー脱毛であれ、それは共通しています。しかしながらその中で唯一、言葉通りの永久脱毛を得られるものがあります。それがニードルを使った脱毛施術です。これはニードルと呼ばれる鋭い先端を持った針に薬品を塗ったり、あるいは微量の電流を流して毛穴から刺し、針で直接的に毛乳頭に触れることによって組織を破壊するというメカニズムを持っています。

通常のレーザーであれば単にメラニン色素に目がけて熱エネルギーが集中して組織を焼き切ってしまうだけですが、このニードル脱毛では電流や薬品によって根元から組織にダメージを加えますので、こういった効果によってムダ毛の発毛力は完全に失われ、一生涯にわたって新たな毛が生えることがなくなるのです。

医療レーザー脱毛なども同様のかなり高い脱毛効果を得ることができるものの、しかしニードル脱毛のようにその効果が永久に続くことは科学的に実証されていません。これまでのところ科学的な見地から真の意味での永久脱毛を達成しているのはニードル脱毛のみとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です